どっちがいいの?助産院と産婦人科の違い

妊娠!おめでとうございます。

赤ちゃんを産むことはママにとっては命がけの大仕事です。
お産にもいろいろなスタイルがありますし、産前産後のケアはとても大切です。

誰でも自分に合った生み方を希望されると思います。
助産院と病院、どちらにしようか迷うママ、参考にしてくださいね。

Sponsored Link

助産院と産婦人科の違い

jyosanin1
助産院とはどんなところ?
医療法で定められた、妊産婦の保健指導や分娩を行うところで、
助産師さんが管理・運営をしています。

助産師さんの自宅で開業しているケースが多いです。

誰でも利用できるわけではなく、妊婦さんに合併症がなく、
経過が順調で正常分娩ができそうな場合のみ利用できます。
逆子や帝王切開経験者、病気を持っている妊婦さんは、
受け入れを断られることもあります。

産婦人科は医療行為を行う所ですので、
総合病院までとはいきませんが、ある程度の緊急事態にも対応できます。

妊娠したかな?と思ったら、まずは産婦人科へ行きましょう。
正確なな妊娠の判断と予定日を確認してもらいます。
また、母子手帳交付に必要である「妊娠届出書」をもらいます。
これは助産院では発行できません。

助産院で行うお産の特徴!メリット・デメリット

助産院での出産

メリットは、なんといってもアットホームな感じで、
自然に近い出産にのぞめることでしょうか。
妊婦さん一人一人に時間をかけて話を聞いてくれるので、
産前産後の不安が和らぎます。
また、お産の進み具合でお母さんが楽に感じる姿勢、
立ったり、座ったり、横になったりして出産する
このところ人気になってきている「アクティブバース」という方法を受け入れてくれる所も増えています。
授乳は母乳中心に考えてくれるので、産後のおっぱいケアも行き届きます。

デメリットはやはり医療行為を行えないということです。
血液検査やエコー検査の際には産婦人科にも通うことになります。
正常分娩できると思っていても、本番に何が起こるかわからないのがお産です。
助産院は普通、緊急時に対応してくれる委託の医者と連携していますが、
緊急時にその場で対応ができないため、
病院搬送までに時間がかかるという大きなリスクがあります。

他には、助産院では会陰切開を行わないので、産後の痛みがなくてすみますが
赤ちゃんの頭の大きさによっては、おもいがけず裂けてしまうこともあるようです。
これはもう助産師さんの腕を信じるしかありません。

産婦人科で行うお産の特徴!メリット・デメリット

jyosanin2
メリットは、やはり緊急時にも即対応してくれる安心感でしょうか。
今は、緊急帝王切開が増えているので、母子の救命時には安心です。
総合病院なら、お母さんだけでなく、赤ちゃんのトラブルにも即対応ができて安心ですね。
病院でも家族の立会い出産ができたり、出産後母子同室のところもありますから、
選ぶ際にはよく調べましょう。

デメリットは、日本では産婦人科医が減ってしまっているので、
どこの病院も混み合っていることですね。
待ち時間は長いし、事務的に扱われてしまい、
ゆっくり妊婦さんの不安を聞いてくれる病院は少なくなってきているかもしれません。

また、出産当日も多分何人かの妊婦さんと重なり、待たされることも。
その間、カーテン越しに他人のうめき声を聞かされることはよくあります。
でも一時ですから、我慢、我慢。

このように、助産院も産婦人科もメリット・デメリットがあります。
後悔しない施設を選んでくださいね。
何よりも、「おめでとうございます!母子ともに元気です。」が一番良い出産ですよ!

スポンサーリンク

関連記事

noro2

ノロウイルス感染症はいつ流行るの?症状は?予防法は?

毎年、11月ごろから流行しはじめて、12月にピークになるノロウイルス感染症。 年が明けて、3月ごろ

記事を読む

034876

どれくらい渡せばいいの?最近のお年玉相場

皆さんの子供のころは、どれくらいお年玉を貰っていましたか? 私の子供の頃はちょうどバブルの時期だっ

記事を読む

mizuibo2

幼児に多い水いぼはうつる?水いぼになったらプールは入れる?

プール時期になると、治療に通う子が増える水いぼは、 幼児に多い病気です。 我が家でも、娘が2歳の

記事を読む

1def492df7db4e186722d3a5aef2ccd0_s

安産祈願!戌の日について知ろう

妊娠を喜んだのもつかの間。 妊娠につきもののマイナートラブルや出産への準備など 妊婦さんは心配が

記事を読む

shirami01

子供のアタマジラミ

お子さんが頭を掻いていたり、頭髪に手で擦っても落ちないフケのようなものが付いていることはありませんか

記事を読む

iyaiya1

どう乗り越える?魔の2歳児イヤイヤ期・・・

「魔の2歳児」とも言われるイヤイヤ期。 うまくいかないと、すぐに癇癪をおこしたり 何を言っても「

記事を読む

rota1

小児仮性コレラ ロタウイルス

冬から春にかけて、あれ?風邪ひいたかな?と思っていた赤ちゃんが 急に吐いたり、オムツからはみ出すほ

記事を読む

ikukyu1

パート、派遣でも育休(育児休暇)って取得できるの?

育休を取得するのにはどうすれば良いの? 働けない間に給付金をもらえる制度ってあるの? 育休を取得

記事を読む

teiousekkai1

帝王切開による出産って?

今では5人に1人くらいの割合で、 帝王切開で赤ちゃんが生まれています。 理想の出産像や生み方にこ

記事を読む

yonaki1

赤ちゃんの夜泣き

愛らしい寝顔は天使。 しかし…かわいい赤ちゃんも夜泣きが始まると、 ああ、また今夜もかとお困りの

記事を読む

8d3e756a1c2db5ce9b7f0640810b5342_s
勤労感謝の日の意味は?由来は?

子供の頃から当たり前のようにあった祝日「勤労感謝」の日。 この日は、

1c9c9d7840d919929d60c812ee7102fc_s
気持ちが届く手書きのバースデーカード

最近、バースデーカードは書いていますか? 近頃は、携帯やパソコンから

657634c33a8a2d7ff191b0e836bd8ec1_s
急に家族や友人が入院!?お見舞いのマナーを知ってますか?

急に家族や友人が入院して、 お見舞いに行かなければ…。 そんな時、

kudamono1
花粉症の人は要注意。果物アレルギーは花粉症と関係があった!

夏から秋は旬の果物がたくさんでまわる季節ですね。 ところが最近、

034876
どれくらい渡せばいいの?最近のお年玉相場

皆さんの子供のころは、どれくらいお年玉を貰っていましたか? 私の子供

→もっと見る

PAGE TOP ↑