乳がんの早期発見を!ピンクリボン運動

ピンクリボンは世界共通、乳がんの早期発見啓発運動のシンボルマークです。
日本では始まってからまだ十数年しかたっていないため、
聞き慣れない人もいると思います。
最近では自治体やNPO法人、たくさんの企業が啓発運動に協賛して
キャンペーンを繰り広げてくれているおかげで、
日本の女性にも少しずつ浸透してきました。

Sponsored Link

ピンクリボン運動とは?

pinkribon1
1980年代にアメリカで始まりました。
娘を若くして乳がんで亡くした母親が、同じ悲劇を繰り返したくないとの思いを込めて、
残された家族と一緒にピンクのリボンを作ったのが始まりと言われています。

日本では2000年頃から始まりました。
今、乳がんは日本人の14人に1人がかかるといわれています。
それなのに、乳がん検診を受ける女性は3割ほどしかいません。
先進諸国が6割以上の女性が受けているのと比べると、
先進国では最低レベルということがわかります。
そこで、日本でももっとピンクリボン運動に取り組んで、
早期発見・早期治療を啓発しようということになったのです。

期間いつ?どんなイベントがあるの?

スカイツリーにもピンクリボン 全国各地でライトアップ

日本では10月を乳がん月間として全国各地で協賛社がイベントを開催しています。
また、10月1日をピンクリボンデーとしています。
フェスティバル開催地の東京・神戸などでは
シンボルタワーや橋をピンク色にライトアップしてメッセージを伝え、
ピンクリボン運動の認知度を高めてくれています。

乳がんを知ろう!

乳腺にできる悪性腫瘍のことです。
発見される症状には乳房のしこり、色やくぼみなど皮膚の変化、乳首からの分泌液があります。

高齢者がピークを迎える他のがんと違って、
乳がんの発症年齢はまだ若い40歳代以降がピークになっています。
発症リスクはもっと若い年齢の女性にもあります。
先進諸国では乳がん検診を受ける女性の割合が高い分、
乳がんで亡くなる人が減少しているのに対して、
日本では亡くなる人がこの50年間で7倍に増えているのが現実です。

乳がん検診について

pinkribon2
乳がんの進行は、大きさが1mmから1cmになるまでに10年以上かかりますが、
1cmから2cmになるのには2年もかからないと言います。
だからこそ、2cm以下の早期乳がんを発見するために
2年に1度の乳がん検診が必要になるのです。

おもな乳がん検診には、4つの方法があります。
1.自己検診。毎月1回自分でさわってしこりやひきつれがないかを確認します。
乳がんは唯一、自分自身でも発見できるがんなのです。

2.医師による視触診。
医師が問診しながら、直接さわってしこりやひきつれ、腫れがないかを診察します。

3.マンモグラフィー画像診断。
2枚のプラスチック板の間に乳房を挟んで圧迫して上下左右からX線で撮影します。
検査時間は10~15分ですが、圧迫されるとき少し痛いです。

4.エコー(超音波)画像診断。
乳房に専用のジェルを塗ってから、超音波の器具をあてて、
乳房やわきの下をまんべんなく調べます。
マンモグラフィーで発見できなかったがんを発見することができます。
検査の際、痛みはありません。

もし万が一乳がんと診断されても、早期発見・早期治療で90%以上が治ります。
ピンクのリボンを見かけたら、思い出してくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

pinkribon1

女性の16人に1人が乳がんになる!?ピンクリボン運動について

日本人女性の生涯で乳がんに罹患する確率は 16人に1人と言われています。 早期発見、治療により治

記事を読む

657634c33a8a2d7ff191b0e836bd8ec1_s

急に家族や友人が入院!?お見舞いのマナーを知ってますか?

急に家族や友人が入院して、 お見舞いに行かなければ…。 そんな時、何を持っていけばいいのか?

記事を読む

kudamono1

花粉症の人は要注意。果物アレルギーは花粉症と関係があった!

夏から秋は旬の果物がたくさんでまわる季節ですね。 ところが最近、 「以前は大丈夫だったのに・・・

記事を読む

abokado02

アボカドの栄養を徹底解剖!低カロリーレシピをご紹介!

「森のバター」と呼ばれているアボカド。 栄養バランスが良く、美容効果も抜群で、 そのうえ色々な料

記事を読む

ebora3

【エボラ熱】いったいいつになったら終息するの?

いつになったらエボラ熱の感染が終息するのか心配になりますよね・・・ 正しい情報を知って、正しい対応

記事を読む

rota1

小児仮性コレラ ロタウイルス

冬から春にかけて、あれ?風邪ひいたかな?と思っていた赤ちゃんが 急に吐いたり、オムツからはみ出すほ

記事を読む

ebora2

感染ひろがるエボラ出血熱(エボラ熱)とは?

ここ最近、ニュースでエボラ熱の報道を聞かない日はありません。 日本から遠い西アフリカで流行していた

記事を読む

teiousekkai1

帝王切開による出産って?

今では5人に1人くらいの割合で、 帝王切開で赤ちゃんが生まれています。 理想の出産像や生み方にこ

記事を読む

a3298c2b74790908171fa0246409c293_s

インフルエンザにかからないために!個人の予防も大切!

最近、急に寒くなってきましたね。 電車に乗っていても、マスクをしている人が増えてきました。 だん

記事を読む

madani1

マダニに刺されないようにするにはどうしたらいいの?

マダニって、普通のダニとは違うの? 噛まれると、どうなるの? 犬や猫・・・ペットから感染するの?

記事を読む

8d3e756a1c2db5ce9b7f0640810b5342_s
勤労感謝の日の意味は?由来は?

子供の頃から当たり前のようにあった祝日「勤労感謝」の日。 この日は、

1c9c9d7840d919929d60c812ee7102fc_s
気持ちが届く手書きのバースデーカード

最近、バースデーカードは書いていますか? 近頃は、携帯やパソコンから

657634c33a8a2d7ff191b0e836bd8ec1_s
急に家族や友人が入院!?お見舞いのマナーを知ってますか?

急に家族や友人が入院して、 お見舞いに行かなければ…。 そんな時、

kudamono1
花粉症の人は要注意。果物アレルギーは花粉症と関係があった!

夏から秋は旬の果物がたくさんでまわる季節ですね。 ところが最近、

034876
どれくらい渡せばいいの?最近のお年玉相場

皆さんの子供のころは、どれくらいお年玉を貰っていましたか? 私の子供

→もっと見る

PAGE TOP ↑